環境への取り組み

環境保全活動の継続的な改善・向上に取り組んでいます。

環境への取り組み

優先的活動項目

省資源活動
・徹底した廃棄物の分析強化を行い廃棄物量の削減に努めます。
・具体的な活動により省資源の提案を進めます。
省エネ活動
・適切な作業環境を維持しつつ使用電力量の削減に努めます。
・具体的な活動により省エネの提案を進めます。

静岡プロダクツセンターでは、事業活動が環境に与える影響を把握し、環境保全活動の継続的な改善・向上を図っています。1998年には、化粧品製造工場としていち早く、環境対策への配慮に対する国際規格「ISO-14001」を、続けて2002年には、品質管理および品質保証の国際規格「ISO-9001」を認証取得しています。

ISO-14001ISO-14001

ISO-9001ISO-9001

2007年から、風力の自然エネルギーから発電された年間12.5万kWh の電力を、化粧品製造の電力として利用し、人にも環境にも優しい製品作りに取り組んでいます。

環境に配慮した製品作り

太陽光発電システムの設置

太陽光発電システムの設置

2012年静岡プロダクツセンター内に太陽光発電装置を設置しました。省エネルギーへの貢献と、非常・災害時の電源確保という防災対策の役割を併せ持っています。
太陽光パネルを日常的に目にすることで、社員の環境意識の向上を図っています。

地域社会への貢献

地域の環境を維持するためには、地域、行政との関係が重要と判断しており、工場周辺の清掃活動などへの参加を含め、良好なコミュニケーションを維持しています。

【焼津市の環境保全活動団体登録の第一号として認定】

2014年に焼津市は、環境保全活動に取り組む個人、団体を登録・認定する「焼津市環境保全活動団体登録制度」を創設。2014年6月19日焼津市役所にて、環境保全活動団体登録の認定証授与式が行われ、その第一号として静岡プロダクツセンターが認定証を授与されました。今後、焼津市役所の広報紙やホームページなどで、環境実績レポートが紹介される予定です。

焼津市環境保全活動 団体登録認定証焼津市環境保全活動
団体登録認定証

授与式の模様

広報やいづ
https://www.city.yaizu.lg.jp/koho/2014/documents/20140701-16.pdf
焼津市役所ホームページ>2014年まちかどフォトニュース
https://www.city.yaizu.lg.jp/photo-news/2014/0619.html

認定対象
海岸・河川・公園・道路などの清掃活動、森林管理・整備活動、自然生物の保護又は調査活動、自然観察会の開催、ごみ減量活動、環境教育・環境学習の開催などの活動に取り組んでいる市民、事業者、団体が市に申請を行い、審査を経て登録・認定されます。

参照元
焼津市役所ホームページ>焼津市環境保全活動団体登録制度のお知らせ
https://www.city.yaizu.lg.jp/kankyo_seikatu/201404kankyoukatudoudantaitouroku.html

容器のリサイクル

サロンで使用済みの容器/外箱を静岡プロダクツセンターに回収し、資源リサイクルに積極的に取り組んでいます。

回収の流れ
リサイクルセット(ビニール袋・分別ステッカー)
委任状を各サロンに配布
  • 1
    お客様
    容器回収の委任状をお書きいただく※処分を一任する了解を得た容器のみ回収
    ※委任状は各サロンで保管]
  • 2
    サロン
    容器をプラスチック、ガラスの2種類に分別し、それぞれを規程の
    段ボール(通常商品配送に使われた[CP-2N])に入れる
    ※容器の洗浄・粉砕・分解不要
  • 3

    いっぱいになったら、ステッカーを段ボールの側面に貼り、代理店へ。

  • 4
    代理店
    各サロンからの回収物を保管して送り状を貼り、指定の週に
    静岡プロダクトセンターに発送する。
    発送カートン数を管理する
  • 5
    メーカー
    回収された容器については、リサイクルサークルにのせて、
    新しい資源として再生されます。

社会貢献活動

“人と人が触れ合う社会貢献”で、
笑顔が増えるお手伝いをしていきたいと考えます。

「Heartful Bird(ハートフルバード)」

活動内容

「商品やサービス、情報提供以外にも、何か生活を楽しくする手助けができないか?」という思いのもとスタイリングライフ グループ全社で活動しています。私たちは今後も“人と人とが触れ合う社会貢献”で、笑顔が増えるお手伝いをしていきたいと考えます。

活動名称は「Heartful Bird(ハートフルバード)」。アメリカ カリフォルニア州のMrs.Grossman’s(ミセス・グロスマン)社の資材協力を得て、闘病生活を送る小児病棟の子ども達に、ステッカーアートを通じて楽しい時間を過ごしていただいています。

人と人が触れ合う社会貢献

ミセス・グロスマン社は、1975年、文房具専門の会社として始まり、ステッカーアートというコンセプトを開拓。今日も業界のリーダーであり続けています。同社は社会貢献活動にも積極的で、毎年、約600万枚のステッカーを世界中の病院や医療施設の子ども達に寄付しています。私たちのこの活動にも心から賛同くださり、資材協力をしてくださっています。