トップページ > ニュース 2016年 > CPコスメティクス初特許成分【マストツリーエキス】に抗酸化スイッチNrf2を活性化する機能を発見

ニュース News

CPコスメティクス初特許成分【マストツリーエキス】に
抗酸化スイッチNrf2を活性化する機能を発見

2016年10月3日

スタイリングライフ・ホールディングスグループの株式会社CPコスメティクス(本社:東京都新宿区、社長:田中啓次)では、横浜市立大学との共同研究によりバンレイシ科のマストツリーから抽出したエキスに抗酸化作用を見出し、2014年に特許(特許第5463667号)を取得しました。さらに研究を進めた結果、マストツリーエキスは肌において抗酸化システムのスイッチとして働くNrf2(ナーフツー)を活性化することを新たに見出しました。Nrf2が活性化すると、抗酸化タンパク質の産生が増加し、高い抗酸化活性を保つだけでなく、様々な遺伝子発現を活性化することが期待できます。

マストツリーエキスによるNrf2活性化

【マストツリーによるNrf2の活性化】

 シワやシミ等の皮膚のエイジングトラブルは、過剰なフリーラジカルや活性酸素が要因となります。
 ヒトの細胞にはその活性酸素などから防御する抗酸化システムが備わっており、その中心的な役割を果たすのがNrf2です。細胞が酸化ストレスを受けると、細胞質に存在しているNrf2が核に移動することで活性化し、体の防御や修復に働きかける多くのタンパク質の産生を促して酸化ストレスから守ります。つまりNrf2は、抗酸化システムのスイッチの役割を担っています。
 特許成分であるマストツリーエキスはヒト細胞のNrf2を活性化することを明らかにしました(右図)。このことから、マストツリーエキスを配合した化粧料を継続使用することでNrf2が活性化され、肌の抗酸化力が高まり、シワやシミを防ぐことが期待できます。

※今後、弊社から発売される商品にマストツリーエキスを活用する予定です。

【マストツリーエキス】

こちらからPDFでご覧いただけます



CPコスメティクス お客様相談室

お電話でのお問合わせ

お客様相談室
0120-294-970 受付時間(月)〜(金) 10:00〜18:00(土日祝を除く)
  • * 電話窓口では、お問合わせの内容を正しく把握し適切に対応するため、お客様の通話内容を録音させていただいております。予めご了承ください。

メールでのお問合わせ

お問合わせフォーム

  • *メールからのお問合わせには回答に時間を要する場合がございますので、ご了承ください。

お役立ちリンク

  • CPコスメティクス初特許成分【マストツリーエキス】情報
  • CPサロンのきれいの秘密
  • CPサロン求人情報はこちら
  • CPサロン スタッフお仕事紹介
  • CPサロンストーリー
  • 「化粧品の使用上の注意事項の表示自主基準」一部改正に関するお知らせ

トップページ > ニュース 2016年 > CPコスメティクス初特許成分【マストツリーエキス】に抗酸化スイッチNrf2を活性化する機能を発見

PAGE TOP